HOME  >> 赤ちゃん子供の病気 >> 皮膚の痒み
  メニュー


皮膚の痒み対策

乳幼児や子供の肌は、とても敏感ですので皮膚の痒みとなると、かなり不快で深刻です。気になると、眠れなくなる場合もあり、生活し支障をきたします。
 
新生児(乳児)の場合だと、まだ上手に意思表示は無理なので赤ちゃんのしぐさなどで、気づく場合もあります。

例えば、赤ちゃんがママの胸にやたらと、顔をこすりつけたり、皮膚に爪を立てたりしている場合です。

こんなしぐさを赤ちゃんが見せたら、湿疹が痒い時です。赤ちゃんは痒いのを、我慢できませんので泣いたりぐずったりするかもしれません。

痒みで、赤ちゃんが自分の皮膚を、かき壊してしまうと、傷口から細菌感染して、あっと言う間に体中に広がってしまうこともありますので、そうならない為にも下記の事に気をつけてあげましょう。

赤ちゃんや子供(幼児)の、皮膚の痒み対策として、まずシャワーやお風呂で、とにかく清潔にしてあげることが大切です。

夜のお風呂以外にも、こまめにシャワーで汚れや汗を流してあげるだけで、赤ちゃんも気持ちよく過ごせます。

ただし、熱すぎるシャワーやお風呂は、逆に痒みが増すので、ママが加減しながら、ぬるめでサッと汗を流す程度で充分です。

赤ちゃんが、皮膚の痒いところを自分で、かき壊さないように、爪が長くなっていないかチェックしましょう。

そして、どうしても痒い場所に手が行ってしまうようなら、ベビー用に手袋が売っていますので、それをはめてあげても良いと思います。

汗をかかないように、出きるだけ厚着は避けましょう。汗をかくことにより、痒みが増し強くなる一方です。夏場は、エアコンを上手に使って、できるだけ汗をかかない工夫をしてあげると、赤ちゃんも快適です。

肌着は、できるだけ吸水性のある木綿のものにして、ポリエステル系の通気性の悪いものは避けましょう。

着る服や、お部屋の温度管理をしっかりと調整する事も大切です。

また、タンクトップや、袖なしのランニングは、肩や脇の下の汗を吸い取ってくれないので、汗がたまってかぶれの原因にもなります。

ゆったりしたデザインで、袖のついたシャツにした方が、万が一、汗をかいても汗を吸い取ってくれるので、痒み対策にはなります。

それと、塗り薬は、必ず綺麗な手で塗ってあげるようにしましょう。手についた雑菌などが、が赤ちゃんの皮膚から入って、細菌感染を防ぐためです。

塗り薬も、薬剤師の方が言うには、常温だと薬に雑菌が入った場合、入れ物の中で雑菌が繁殖してしまうこともあるらしいです。

常温は避けて、冷蔵庫内で保管した方が、本当は良いと言ってみえました。もしくは冷暗所です。

薬を塗るときは、シャワーで汗を流した後など、清潔な肌に塗ります。

赤ちゃんの皮膚は、デリケートでちょっとした事で、トラブルを起こしてしまうので、早めのスキンケアが必要になってきます。



他の皮膚病関連の記事

アレルギー関連
★アレルギー体質の場合は下記の病気にも要注意です。 ぜんそく 蕁麻疹(じんましん) アレルギー性鼻炎 滲出性中耳炎(耳に水がたまる) アトピー性皮膚炎 アレルギー対策 アレルギー検査


プロフィール
プライバシーポリシー
healthy beauty
カスタム検索
Copyright (C)   All Rights Reserved
妊娠~流産を繰り返した日々